建物との関係を考えて個性的な表札を作る

表札に使われている様々な素材

マイホームを持った時には、表札を建てたいものなのですが家の雰囲気に合わせて建てたいものです。
表札には、様々な素材を使用していることが有り、木造住宅ですとヒノキを使用したものから頑丈な樫の木を使用しているものもあります。
ニスを塗って加工を施すために、強度の問題はどれもあまり変わらないのですが、年数が経っていい味が出てくるのは樫の木です。
最初は白い木なのですが、何十年も立つと徐々に黄ばんでそれがいい色になってきます。
他には、洋館をイメージしたような住宅ですと石を使った表札となりますが、医師にも種類があり安いものであると石灰石や高いものであると大理石などがあります。
大理石のものは、加工が非常に簡単であり表面が非常にツルツルしており、綺麗な印象を与えることができます。
また、加工の事を考えると木で作られているものよりも安くなってくるために、用途に応じて選ぶとよいです。
名前は家の命ですから、よく吟味して選ぶことが必要となります。

高級感を演出できる素材の表札

表札は自分の家にとって顔のような存在で、おしゃれな横文字にしたり、キャラクターを描くなどしてオリジナリティのあるものを作ることが大切です。
ファッションセンスの感じる素晴らしい家やマンションにせっかっく住んでいても、表札に工夫がなく味気ないものだと、自分の住んでいる家へ訪れてきたお客に全体的な物足りなさを感じさせてしまいます。
そのため、きちんと自分の家にしっくりくるように計算されたものを用意するべきです。
また、素材にいろいろなものを利用することで住んでいる家にピッタリな味わいのあるものになります。
素材の例として大理石があって、高級感を醸し出したい人に非常に人気があります。
他にガラスのものがあり、非常におしゃれで美しいものを作れます。
自分でいろいろな形に加工するのが難しい場合は専門の業者に依頼すると、どんな形のものが家に合うのか、いろいろなアドバイスをくれて、素早く家に合う希望の表札を作ってもらえます。

『表札 素材』 最新ツイート

@house__house

【門柱のデザイン】 家の顔となるのは建物だけではなく、表札、インターホンをつける門柱のデザインも大切になってきます。 たくさん素材があり、形もありますのでお好みを探しましょう! 個人的には石張りは迫力もありコストは少しかかり… https://t.co/RyTkIPIGCw

2日前 - 2020年10月20日



△トップへ